ホーム > 町長室から > 2021年 > 中学校でのふるさと共育(広報7月号の町長コラム)

中学校でのふるさと共育(広報7月号の町長コラム)

地方創生をテーマとした東京大学教授の講演で、ずっと心に引っかかることがある。学生に「あなたのふるさとには、何がありますか」と聞くと「何もない」と答える学生が大半だと言い、ふるさとのことをあまり話さないという。
地方のさまざまな魅力や豊かさを求めて、首都圏からの移住も多くなってきている昨今、肝心の地元の子どもたちが町の歴史や産業を知らないのでは、燈台下暗しである。
そこで昨年度から教育委員会が「ふるさと共育」の取り組みを始め、今年は中学校の生徒へ「町長の授業・あったかスタディー」と題した講
話の機会をいただいた。
初年度のため1年生から3年生までの全学年の資料を作成し、現在の旭橋(最初は鷹栖橋であった)以北から上川町までの広大な行政面積を有した明治25年の「鷹栖村開村からの歴史」と「農業のまち・鷹栖の今」を話した。
日本の美味しいお米の代表となった「ななつぼし」や「ゆめぴりか」が輸出されていること。ハワイでの前安倍首相と前オバマ米大統領が会談後に、たいせつ農協産米を使用しているお寿司屋さんで会食し、美味しいお米だと喜ばれたエピソードなどを披露した。
中学生も、うなずいて聞いてくれており、広報たかすや町のホームページ、フェイスブックを見て、町の出来事に「いいね!」で評価してほし
いとお願いもした。
私の拙い講話から、まちの「いいね!」が、これからもっとたくさん、創られると嬉しく思う。

 

最終更新日:20210705

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

鷹栖町展示コーナー

鷹栖町図書室

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操