ホーム > 町長室から > 2015年 > 満天の星空

満天の星空

2015年9月7日

ペルセウス座流星群が一番の見頃となる8月13日にパレットヒルズで「星空観測会」を開催した。講師は、私が教育委員会職員時代にお世話になったご縁もあり、元北野小学校に勤務していた加藤雅彦さん(旭川市科学館サイエンスボランティア)に快く引き受けていただき、約50人の家族連れが参加し、用意されたブルーシートの上に寝転び、夏の星空を楽しんだ。

お盆前後の天候は、大気が不安定で大雨警報が毎日発表されていたが、13日の午後7時頃からは奇跡的に晴れ、最初に天体望遠鏡で「土星と土星の月」を見せていただき、空が漆黒へと変化するにつれ、煌めく星たちが空を覆い尽くしていった。

東の方角に最初に現れたのは、こと座の一等星「ベガ=おり姫星」。次にわし座の「アルタイル=彦星」が光り、条件が揃えば肉眼でも二つの星の間に、天の川が流れるという。そして「夏の大三角形」の最後に、はくちょう座の尾に輝く「デネブ」が出現。見上げた天空には、流れ星も自由に泳ぎ始め、すべての人が心を躍らせ、息を呑みこんだ。

8時23分には、北斗七星の斜め上に突然、油井さんが乗船する国際宇宙ステーションがマイナス二等星(一等星より更に明るい)の輝きを放ち、1分くらいだったろうか、北から東にゆっくり動き始めると歓声が聞こえた。

ただただ空だけを見上げた2時間の時空旅行は、町民の杜・パレットヒルズに贅沢な空間と時間があることを教えてくれた。

最終更新日:20171026

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会