ホーム > 町長室から > 2015年 > ふるさとまちづくり応援基金 ~ ふるさと納税

ふるさとまちづくり応援基金 ~ ふるさと納税

2015年4月6日

「これからも自然いっぱい、幸せいっぱいの町を創ってください。」「コシヒカリよりゆめぴりか、ななつぼしの方が美味しいです。」「オオカミの桃を飲んだ時の衝撃が忘れられません。今までのトマトジュースとは違いました。未来のために、子育て支援に役立ててください。」

鷹栖町に「ふるさと納税」される方たちのメッセージは、本当に心がこもっていて温かい。

テレビで「納税すると地域の特産品をプレゼントされる」と広く紹介され、当町もタイミング良く、オオカミの桃や鷹栖産米に加えて、鷹栖牛やエゾ鹿肉など、実力も兼ね備えた特産品を増やし、積極的にPRを始めたのは2年前。納税の総額は、平成24年度は約340万円、25年度は2,230万円を超えた。昨年度の納税者は総勢2,800人を超え、金額は3,600万円にも届きそうな勢いで、小さなわが町にとっては貴重な財源となっている。

次代を担う子どものために、小学校の網戸や扇風機設置、40年以上経過した鷹栖小学校の床壁の改修工事、小中学校の吹奏楽器の購入、学校図書の充実など、今年度は明るく学べる学習環境の予算以外にも、高齢者福祉や町有林事業にも使わせていただく計画をしている。

今まで自然と向き合い真面目に働き続けてきた「おもてなしの心」と、地方の子どもたちや豊かな自然のために活用してほしいと願う「感謝と期待の気持ち」が交わる『ふるさと納税』は、町の新たな財産の「種」となり成長している。

最終更新日:

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会