ホーム > 町長室から > 2015年 > 老人会の歩みと向上心

老人会の歩みと向上心

2015年10月5日

昭和31年9月15日に設立された鷹栖町老人会が今年60周年を迎え、記念式典がメロディーホールで開催された。式典の前に控室で記念誌を進呈され、拝見すると老人会発足からの「健康・友愛・奉仕」の活動、会員皆様の人生回想など、戦中から現在までの軌跡が綴られており、老人会の『自らで考え自らで実践する=自立自営』の精神が垣間見え、諸先輩のご労苦や未だ衰えることのない向上心に、つくづく敬服の念を抱く。

また、今年度は北海道老人クラブ連合会の副会長兼女性委員会委員長(会員数14万人超、女性会員8万人超)に出口ハル子さんが就任された。9月発売の「月刊メディアあさひかわ」に2ページにわたり掲載されているので、町民の皆さんにも是非、紹介をしたい。

~「みんなの意見を聞きながら、お互いに感謝の気持ちを忘れずに仲良く、笑顔で活動する老人会にしたい」と、温和な表情で控えめだったそうだが、自分のことになると「健康が一番。健康であったら、どんなことでも今の一つ上、二つ上のことができます。」と前向きに話された。~

健康であることに感謝し、健康だからこそ皆に愛情深く、奉仕の心をもって、何事にも向き合う。今あることに満足することなく、更に良くなるように日々努力をする。

戦前から戦後の激動の時代、家族のため、社会のために、頑張ってこられた「82年の人生」を凝縮した言葉を前に、私の精神(こころ)が今までにも増して奮い立たされた。

最終更新日:

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会