ホーム > くらしガイド > 税・公金払いについて > 所得控除の種類と控除額

所得控除の種類と控除額

所得控除は、納税義務者に配偶者や扶養親族があるかどうか、病気や災害などによる出費があるかどうかなどの個人的な事情を考慮して、 その納税義務者の実情に応じた税負担を求めるために、所得金額から差し引くものです。

種類 控除額
雑損控除 次の(1)か(2)のうち多い金額
(1)損失額(保険等の補てん額を除く)-総所得金額×10%
(2)災害関連支出の金額(保険等の補填額を除く)-5万円
医療費控除 支払った医療費(保険等の補てん額を除く)-(総所得金額×5%または10万円のいずれか少ない金額) 最高200万円
社会保険料控除 支払った金額
小規模企業共済等掛金控除 支払った金額
生命保険料控除 (1)一般の生命保険料(平成23年以前加入) 最高35,000円      
           (平成24年以後加入) 最高28,000円
(2)個人年金保険料(平成23年以前加入) 最高35,000円      
          (平成24年以後加入) 最高28,000円
(3)介護医療保険料 最高28,000円
地震保険料控除 最高25,000円
障がい者控除(※1) (1)一般の障がい者 26万円
(2)同居特別障がい者以外の特別障がい者 30万円
(3)同居特別障がい者 53万円
寡婦控除(※2) 本人が寡婦 26万円
ひとり親控除(※2) 本人がひとり親 30万円
勤労学生控除(※2) 本人が勤労学生 26万円
配偶者控除(※2) 本人の合計所得金額に応じ(※3)
配偶者が70歳未満(一般配偶者)の場合 最高33万円
配偶者が70歳以上(老人配偶者)の場合 最高38万円
配偶者特別控除(※2) 本人の合計所得金額に応じ(※3) 最高33万円
(配偶者の合計所得金額が480,001円~1,330,000円の範囲内に限る)
扶養控除(※2) (1)16歳以上19歳未満および23歳以上70歳未満(一般扶養) 33万円
(2)19歳以上23歳未満(特定扶養) 45万円
(3)70歳以上(老人扶養) 38万円
(4)70歳以上(同居老親) 45万円
基礎控除(※4) 43万円

※1 障がい者控除は、心身に障がいのある65歳以上の高齢者で、身体障がい者に準ずる方(要介護状態)で、特別障がい者・ 障がい者認定を受けている方、および65歳以上の寝たきりで、障がい者手帳がなくとも「寝たきり」と認定を受けている場合は控除を受けることができます。
※2 寡婦控除、ひとり親控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除には所得要件があります。
※3 合計所得金額が900万円超の場合、配偶者控除と配偶者特別控除の控除額が逓減・消滅します。
※4 基礎控除額について合計所得金額が2,400万円超の場合、控除額が逓減・消滅します。

税額控除

住宅借入金等特別控除、寄附金控除、配当所得などがある場合、計算された所得割額から控除額が差し引かれます。
 

最終更新日:20211018

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 税務課 税務係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-74-3108 FAX 0166-87-2196

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会