ホーム > 産業・ビジネスガイド > 農林業 > 鷹栖町担い手研修センター(仮称)研修生募集について

鷹栖町担い手研修センター(仮称)研修生募集について

新規就農を目指す方などのための研修施設として、
平成30年4月にオープンを控える「鷹栖町担い手研修センター(仮称)」の概要をご紹介します。
また、センターでは第1期研修生を募集しています(応募期限:11月15日)。

 

センター概要

所在(建設地)

 鷹栖町11線6号
 

センターの運営

 運営主体:鷹栖町(担当:産業振興課)
 

センターの機能

 ①新規就農希望者の研修受入機能
 ②地域の担い手育成機能
 ③新規販売作物・新規特産品の試験調査研究機能
 ④農育・食育機能
 ⑤新技術の試験導入機能
 ⑥土壌分析業務機能

その他詳細はセンター概要PDFファイル(228KB)をご参照ください。

 

研修生募集

募集人数(予定)

 研修生 3名
 ※夫婦での研修を希望する場合は2名とカウントする。
 

主な研修内容

 センター専属の専門指導員が作成する研修メニューに基づく研修を行う。

 (内容(一部抜粋))
  ○きゅうりの栽培技術研修
  ○原料用トマト(オオカミの桃用トマト)の栽培技術研修
  ○施設園芸における新技術導入ハウスの作物データ管理研修
  ○新規作物の試験、調査研究の研修
  ○土壌・分析研修
  ○座学研修(月1回程度)
  ○他団体が主催する外部研修への参加  など

 (研修の流れ)
  ○1年目(平成30年4月から):センターでの施設園芸を中心とした研修
  ○2年目(平成31年2月頃から):受入農家の作物での実践的な研修
   ※受入農家の選定は、H30年1~2月にマッチングを行います。
 

研修生への主な支援

 ①農業次世代投資事業
  一人当たり年間150万円(月額12.5万円)を2年間給付
  ※一定の要件あり。
  ※夫婦で研修する場合、1人ずつ150万円/年の受給が可能。

 ②新規就農者確保対策事業
  ・家賃助成:家賃の2分の1以内で上限2万円/月
  ・資格取得:大型免許・けん引などの取得費用に係る経費の2分の1以内で助成
  (※研修2年目から該当)
 

申込資格

 ○鷹栖町での就農を強く希望していること。
 ○平成30年4月1日時点で45歳未満の方(※45歳以上の方は要相談)
 ○鷹栖町内在住またはセンターに自力で通えること。
 ○独立・自営就農、雇用就農または親元就農を目指すこと。
 ○他に常勤雇用の契約を締結していないこと。
 ○生活保護など、生活費を国や都道府県などから受給していないこと。
 

応募期限

 平成29年11月15日(水) まで
 ※郵送の場合は平成29年11月15日消印有効
 ※募集予定人数に達しない場合は期間の延長または再募集あり
 

申込方法

 「研修生申込書」に必要事項を記入し提出のこと
  ⇒研修生申込書(Excelエクセルファイル(18KB)
  ⇒研修生申込書(PDFPDFファイル(90KB)
 

審査方法

 鷹栖町新規就農者・農業後継者審査会による書類(申込書)審査・面接審査

 (書類審査)平成29年11月下旬
 (面接審査)平成29年12月中旬~下旬、会場は鷹栖町役場を予定
 (合格発表)平成29年12月中
  ※合格発表については、平成30年1月になる場合もあります。

募集概要(詳細)

 鷹栖町担い手研修センター(仮称)研修生募集要項PDFファイル(160KB)
 

問合せ先

【窓口】鷹栖町役場産業振興課 農政推進係・農業振興係
【TEL】0166-87-2111(内線253・255)
【FAX】0166-87-2850
【MAIL】sangyou@town.takasu.lg.jp
【HP】http://www.town.takasu.hokkaido.jp/


 

最終更新日:20171026

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 産業振興課 農政推進係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-87-2111 FAX 0166-87-2850

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

相談する時の窓口一覧

新規就農を目指す研修生募集

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク