ホーム > 鷹栖町について

鷹栖町について

鷹栖町のプロフィール

北海道のほぼ中央、上川支庁管内の中心部に位置し、和寒町、北海道第二の都市旭川市に隣接しています。周りを小高い山に囲まれ、全体的には盆地状をなし、中心部を石狩川に注ぐオサラッペ川が北から南へ貫流しています。

トマトジュース「オオカミの桃」で知られる鷹栖町は中心部からJR旭川駅まで車で約25分という利便性の高さと、それでいて豊かな自然に囲まれた住みよい環境にあります。品質・収穫量とも道内屈指の稲作、付加価値の高いきゅうりの生産など、もともと良品質な農産物の供給地帯であり、さらに現在は積極的な企業誘致により、農・商・工一体となった地域複合産業の形成を目指しています。旭川鷹栖インター、旭川北インターの開通で札幌圏へのアクセスもより容易になっています。

町章(昭和43年1月1日制定)

町章
昭和43年1月1日制定

町花マリーゴールド

町花
マリーゴールド

町木ななかまど

町木
ななかまど

鷹栖町内ガイドマップPDFファイル(548KB)

町名の由来

鷹栖町が未開の地だった頃、トンビをはじめ、ハイタカやオオタカなどの大きな鳥が生息し、大空に輪を描いて舞っていたといわれています。その光景を目の当たりにした人らが「大きな鳥(鷹)の棲むところ(巣)」を意味するアイヌ語「チカップニ」と呼ぶようになったといいます。それが意訳され、「鷹栖」となりました。

町の沿革

明治25年  鷹栖村誕生
昭和31年  鷹栖村老人会結成
昭和35年  鷹栖村商工会結成
昭和44年  鷹栖村から鷹栖町へ
昭和47年  町民憲章制定
昭和49年  8月8日を「町民の日」に制定
昭和50年  総合健診を開始
昭和53年  郷土資料館開館
昭和56年  総合グランド・メロディー橋完成
昭和58年  「オオカミの桃」販売開始
昭和60年  町民球場完成
平成4年  鷹栖町開基100年記念式典を挙行
平成6年  たかすメロディーホール・鷹栖町総合体育館完成
平成7年  ゴールドコースト市と姉妹都市提携調印
平成11年  サンホールはぴねす開館
平成13年  鷹栖町ホームページ開設
平成20年  生ごみ堆肥化施設完成
平成21年  たかすサポーターズカード発行開始
平成25年  あったかすくんリニューアル
平成30年  農業交流センター「あったかファーム」開設

 

姉妹都市ゴールドコースト市

平成7年3月、友好都市のアルバート市が、隣接するゴールドコースト市と対等合併し、新ゴールドコースト市が誕生することになりました。
平成7年11月には、ゴールドコースト市長ほか10人の公式訪問団が鷹栖町を訪問。
その機会に姉妹提携調印式を開催し、両町・市長が宣言文に署名。11月18日、正式に鷹栖町・ゴールドコースト市間で姉妹都市関係が提携されました。

ふるさとサポーター事業

町のいろいろ

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。


鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操