ホーム > 町長室から > 2022年 > 歯科検診のすすめ(広報7月号の町長コラム)

歯科検診のすすめ(広報7月号の町長コラム)

 私が幼少期の頃、一番嫌いな場所は歯医者だった。虫歯になるたびに連行され、「キィーン」とうなる機械の音に激しく抵抗するので、椅子に座った途端に皆に押さえられていた。そんな私が、現在は6カ月に1回、定期歯科検診を受診している。歯の状態が健康のバロメーターとなり、痛さを感じないまま進行する虫歯を未然にチェックし、クリーニングもしていただき、10年以上も続く日課となっている。
 厚生労働省調査では、50歳以降では32本の歯のうち、平均して2年に1本以上の歯を喪失し、60歳では自分の歯が「17・8本」という衝撃のデータも公表している。特に歯周病と糖尿病の因果関係は明確であり、喫煙者は歯周病にかかりやすいことも報告され、最近では認知症との関係も研究されている。
 年齢を重ねても健康な歯を保つためには、日々の丁寧な歯磨き等が大切であり、町でも40歳以上の方に町内の「鷹栖歯科」と「くりやま歯科クリニック」で受診できる『無料歯科検診』を推奨していることをご存じだろうか。申し込みは町の保健師に電話(87―2112)して受診券を送ってもらい、詳しいことは電話で聞いても簡単にできる内容だ。
 健康な歯は、家族や友人との楽しい時間となる食事や会話に、欠かすことのできない大切なものだ。コロナ感染症が収束し、マスクが取れた暁には、満面の笑顔と真っ白な歯が輝く健康な毎日となるよう「歯科検診」をお勧めしたい。

最終更新日:20220705

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会