ホーム > 町長室から > 2022年 > 新年のごあいさつ(広報たかす1月号より)

新年のごあいさつ(広報たかす1月号より)

町民の皆さま、あけましておめでとうございます。
令和4年の輝かしい新年を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。
新型コロナウイルス感染症が世界各国で蔓延し、2年がたとうとしています。
その間、従来のウイルスのみならず、変異株による感染も広がり、多くの新規感染者が報告され、尊い命が失われています。
現在、町ではワクチンの3回目接種に向けて準備を進めており、案内は接種を受けられた方から順番に、随時ご連絡しますので、お待ちくださいますようお願いいたします。
今もなお、感染症は収束の兆しが見えておらず、私たちもいつ感染するか分からない状況です。引き続き、感染予防に努めながら、町民一丸となってこの試練を乗り越えましょう。
第8次鷹栖町総合振興計画がスタートし、2年目を迎えます。重点施策の一つとして掲げている鷹栖市街地の活性化に向け、今年度は鷹栖地区住民センターをフリースペース「タカノマ」として開放し、自由に利用していただく取り組みを試験的に実施しました。
あらゆる世代が安心して過ごせる市街地形成に向け、引き続き「基本構想」「基本計画」の策定作業を進めてまいります。
また、今年度、農業交流センター「あったかファーム」の卒業生5名が新規就農しました。地域の農業者や団体、住民の皆さまなど多くの方々にご協力いただきながら、引き続き担い手農業者の育成に努めてまいります。
町では同センターの研修生が卒業後に営農する「野菜団地」の整備を中央地区に計画し、令和5年度からの営農を目指し、新年度から工事を着工いたします。農業基盤整備事業も順調に進み、スマート農業の取り組みも有益となることから「農業のまち」として、新たな挑戦にも生命を吹き込み、共に成長し、大切に守り育てることに全力で努めます。
鷹栖町は明治25年に「鷹栖村」として誕生し今年で130年を迎えます。
「ふるさと鷹栖」を築き、守ってこられた先人たちに感謝し「温故知新」の想いを大切に「笑顔 幸せ みんなでつくる あったかす」の確実な歩みで、新たなまちづくりに邁進いたします。結びに、本年も町民の皆さまとの会話と対話を大切にし、誰もが笑顔で生涯にわたり、安心して活躍できるまち「ふるさと鷹栖」の実現に努めてまいりますので、一層のお力添えをお願い申し上げ、新年のごあいさつといたします。

町長の画像

最終更新日:20220202

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会