ホーム > 町長室から > 2021年 > 新たな時代を楽しむ

新たな時代を楽しむ

例年であれば、1、2月は新年会や総会、屋外イベント、発表会、地区文化祭など、日頃の活動を発表し、たくさんの人々が集まる季節である。私と教育長も文化祭の舞台に上がるために、カラオケの選曲に迷走していたのを思い出す。
今年はコロナ禍で行事を中止する場面が多い中、3密にならない計画を立て、町民の元気と感謝の思いを紡ぐ新たな行事も企画された。
たかす地区誕生まつりでは、町民手づくりの紙袋ランタンが700個以上も集まり、住民センター駐車場に並べられた。それぞれに思いが込められた作品は、医療関係者や周りの方への「感謝」や「ありがとう」の言葉もつづられ、冷えた身体を温かく包み込んでくれた。一方、パレットヒルズでは地域おこし協力隊の菅野さんが普及している「雪板」の滑走会を開催し、スノーサーファーの山内一志さんをゲストに迎え、約20
名が参加した。
晴天の中、山内さんのデモンストレーション滑降に始まり、参加者が気持ちよく滑り降りる姿や、転倒し頭から新雪に飛び込む姿に大いに盛り上がりを見せていた。午後からはスノーシューでの散策体験を開催し、講師の鳥羽晃一さんから動物や植物の生態などを楽しく学び、自然の中で心地良い時間を過ごした。
「鷹栖には何もない」と言われることがあるが、コロナ禍の新しい時代を生きる未知のフィールドに目を向けると「ひと」「モノ」「コト」それぞれに無限の可能性が広がっている。

最終更新日:20210305

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

鷹栖町展示コーナー

鷹栖町図書室

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操