ホーム > 町長室から > 2019年 > ヴォレアス北海道と地域愛 (広報4月号の町長コラム)

ヴォレアス北海道と地域愛 (広報4月号の町長コラム)

鷹栖町と連携協定を結んでいるプロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」が、3月16日に町総合体育館で、兵庫デルフィーノにセットカウント3対0で完勝。Vリーグ男子(V3の部)で優勝を決め、V2リーグ昇格に花を添えた。

当日は、体育館に千人以上の観客が来場し、会場はヴォレアスカラーの真っ赤に染まり、応援に日本ハムSCO(スポーツ・コミュニティ・オフィサー)の稲葉篤紀さんと日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんも駆けつけてくれた。両氏から「北海道のプローチームとして成功を収めてほしい」と激励の声が掛けられ、ヴォレアス北海道の池田社長は「北海道は札幌一極集中で、私たちは旭川を中心としたこの地域を元気にしたい」と熱い想いを語れば、稲葉さんから「その情熱が一番の力になる。頑張ってほしい」とエールが送られた。

鷹栖大会は、昨年に続き2回目の開催となったが、鷹栖中学校女子バレー部の生徒がコート内で選手の汗を拭き取るモッパーとして機敏な動きでサポート。多くの町民の皆さんが、準備から運営・撤収までの長い時間にも関わらず支援してくれた。

無償ボランティアであるが、お客様にもチームにも「ありがとう」の気持ちにあふれ、生き生きとした姿が心から嬉しく、町民の一体感を誇らしく感じた。

ヴォレアス北海道が、子どもたちの憧れや夢となり、チームを支援する輪が広がりを見せ、来季新たなステージで一番の輝きを放つことを祈っている。

ヴォレアス北海道優勝の瞬間

モッパーとして選手をサポートした鷹栖中生徒

最終更新日:20190405
更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

鷹栖町展示コーナー

鷹栖町図書室

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操