ホーム > 町長室から > 2017年 > 夏井いつき先生との出会い(広報11月号の町長コラム)

夏井いつき先生との出会い(広報11月号の町長コラム)

テレビ番組「プレバト!!」や「NHK俳句」に出演している夏井いつき先生をお招きし、鷹栖高校PTA主催の文化講演会が10月16日、たかすメロディーホールで催された。

夏井先生は「100年俳句計画」の志のもと、30年以上にわたり俳句の楽しさ、豊かさを伝えようと全国各地を飛び回っていらっしゃるが、テレビで拝見しているままに、テンポ良く、時々の辛口コメントで会場を沸かせてくれた。

当日は、先生から観客の皆さんに「守りたいもの」か「変えたいもの」の題目が出され、五・七・五に乗せて俳句を考えてもらい、優秀句を選句する時間も設けられた。高校生が積極的に会場を駆け回り、俳句を集める活躍ぶりや先生との言葉のキャッチボールは、とても微笑ましく、鷹栖町として自慢の光景であった。

【堕落した日々守りたい冬籠(ふゆごもり)】

【炎天下となりの君は数センチ】

共に鷹栖高校の生徒がしたためた俳句だが、一句目は3年生が近づきつつある社会人生活を控え、家でゆっくり過ごしたいという素直な気持ちに、「堕落」という言葉の強い引力と茶目っ気が相反し、思わず笑ってしまう。二句目は、思春期のドキドキする気持ちが聞こえてきそうであり、誰もが通る道だが、想像すると顔が赤らむような秀句である。

ちなみに私は、格好良くまとめようとし過ぎて「凡人」と採点されたが、社交辞令を考えると「才能なし」のランクとなるのかもしれない。(苦笑)

 

 

ここまでは広報11月号コラムで書かせていただいたが、文字数の制限で掲載できなかった私の俳句を恥ずかしながら披露…。出張帰りに一句。

 

【機上より紅葉を抱きて心癒え】
を、「惜しいんだけど」と励まされ、

【機上より 紅葉を抱く 鷹栖町】

と夏井先生に直していただきました。

 

四季豊かなふるさと鷹栖の彩りと空気を感じとり、日々精進して、“才能あり”を目指します。

夏井先生の公演の様子

パレットヒルズの紅葉

最終更新日:20171106
更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

相談する時の窓口一覧

新規就農を目指す研修生募集

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク