ホーム > くらしガイド > お知らせ > 鷹栖町名誉町民 故浅井基典さんを「偲ぶ会」について

鷹栖町名誉町民 故浅井基典さんを「偲ぶ会」について

地域を愛し、地域に愛された名誉町民 故 浅井基典さんを偲んで

5月16日に満91歳でご逝去された、鷹栖町名誉町民の故浅井基典さんを「偲ぶ会」が、6月14日(日)に鷹栖地区住民センター「ふらっと」で開催されました。故人を哀悼し、町内外から、多くの方が献花に参列しました。

ホームドクターとして町と住民を支える

浅井さんは、昭和33年に鷹栖村立診療所長に着任。その後、他町において医師派遣の任を務めた後、昭和43年に浅井医院を開院されました。
昭和50年に始まった総合健康診査では、地域のホームドクターとして、町民の健康づくりにご尽力され、町と保健推進員とともに、その根幹を築かれました。
当時の鷹栖町保健婦長は、「『本当に町民の役に立つのか』『それは安全な事業か』など、常に町民の目線に立って、物事を思案されていました。困ったときに、まずお話を聞いてくれる先生のお人柄に町民から信頼されているのが伝わってきました」と話しています。(「広報たかす 平成29年12月号」より一部抜粋)

故人を思い、感謝し、追悼の意を表する

開催された「偲ぶ会」には、谷町長をはじめ、町民ら約500名が参列。浅井さんの死を哀悼し、遺影に花を手向けました。
祭壇には浅井さんの遺影と共に、鷹栖町名誉町民推戴状や紺綬褒章の表彰状が飾られ、会場内には、関係者から贈られた供花が並びました。
また、センター内には、浅井さんが描いた絵画や作品など、約30点を展示。ホールとロビーでは、浅井さんを追悼したスライドが上映され、参列者は、足を止め、懐かしむような表情で見つめていました。
参列者の中には、祭壇に飾られた遺影を見つめ、目に涙を浮かべる人も。
94歳の女性は、「35年以上、往診などでお世話になりました。食事方法などのアドバイスもしていただき、今の私がいるのは、先生のおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです」と話しました。
鷹栖町の保健、医療、福祉の発展にご尽力された浅井さんに深く感謝するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

鷹栖町名誉町民 浅井基典さんのご逝去について

鷹栖町名誉町民の浅井基典さんが、5月16日にご逝去されました。満91歳でした。
浅井さんは、昭和33年に鷹栖村立診療所長に着任。その後、他町において医師派遣の任を務め、鷹栖町を離れるものの、昭和43年に浅井医院を開院し、以来、ホームドクターとしてご活躍されました。
昭和50年、成人病予防と早期発見・治療を目的に開始された総合健康診査では、健康づくりを住民活動として定着させ、その根幹を築かれました。
また、鷹栖ライオンズクラブの会員として社会福祉活動へも注力され、さらに国際交流協会「鷹の翼」を発足するなど、多岐にわたり活動をされました。
これらの功績が評価され、北海道知事賞や紺綬褒章、北海道社会貢献賞、厚生労働大臣表彰(国民健康保険関係功労者)を受賞。平成29年に、鷹栖町名誉町民に推戴されました。
鷹栖町の保健、医療、福祉の発展にご尽力された浅井さんに深く感謝するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。

  

 

 

偲ぶ会について

後日、「偲ぶ会」を行う予定をしております。日時については、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、改めてお知らせいたします。

最終更新日:20200619

お問い合わせ先

鷹栖町 総務企画課 総務係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-87-2111 FAX 0166-87-2196

お知らせ

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

鷹栖町展示コーナー

鷹栖町図書室

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操