ホーム > くらしガイド > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症~鷹栖町民の皆さまへのお願い~

新型コロナウイルス感染症~鷹栖町民の皆さまへのお願い~

町長メッセージ

【緊急事態宣言の延長】にご協力をお願いします

北海道内では、新型コロナウイルス感染が収まらず、緊急事態宣言が6月1日から6月20日まで延長されることとなりました。町内公共施設の休館延長、行事などの延期や感染防止対策を万全にしての縮小実施に取り組みます。町民の皆さまにおかれましても、最大限の感染拡大防止対策に引き続きご協力をお願いいたします。

高齢者施設や75歳以上の高齢者を対象にしたコロナウイルスワクチン接種は、順調に進んでいます。65歳以上の方の接種は、旭川厚生病院にご協力いただき、鷹栖地区住民センター「ふらっと」で集団接種を行うことに決定しました。対象の方には、6月7日(月)に接種券を発送いたします。

感染者拡大により、受け入れ医療機関のひっ迫も予測されます。一人ひとりが「自分の身体を守る」そして「大切な人の生命を守る」ことを意識して行動することが、最も大切です。町民の皆さまには、出来る限りの不要不急の外出自粛や3密にならない行動にあらためてのご協力を切にお願いいたします。

令和3年5月31日 鷹栖町長 谷 寿男

 

 

「緊急事態宣言」にご協力をお願いいたします

5月16日から5月31日までの間、国から新型コロナウイルス感染症に係る「緊急事態宣言」が北海道全域に出されました。町内公共施設の休館や学校行事の延期など、感染拡大を防止する対策に町民の皆さまのご協力をお願いいたします。

また、事業所については売り上げに影響を及ぼすことも懸念されます。コロナ禍における支援などの相談は、随時「鷹栖町」と「鷹栖町商工会」にて丁寧に行っておりますので、ご活用ください。

コロナウイルスのワクチン接種については、高齢者施設や75歳以上の高齢者の方々への接種が町内でも始まりました。65歳以上の方々は、鷹栖地区住民センターで行われる集団接種などで、7月中に2回の接種が完了する予定です。日程が決定次第、対象者の皆さまそれぞれにご連絡をいたしますので、少しの間お待ちください。

一人ひとりが「自分の身体を守る」そして「大切な人を守る」ことを意識して行動することが、感染拡大防止のために最も大切です。感染リスクを抑えるために、町民の皆さまには、必要な買い物などは町内事業所を利用することを心掛けていただき、できる限り、不要不急の外出を自粛するようご協力を切にお願いいたします。

 

令和3年5月18日 鷹栖町長 谷 寿男

町長メッセージ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のために~正しい情報を知ることが大切です~

3月6日、認定こども園たかす円山幼稚園で職員5名が感染し、北海道からクラスターとして認定されました。また、北野小学校でも児童1名の感染が確認されました。

感染された皆さまに謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早い回復をお祈り申し上げます。

毎日のように新型コロナウィルス感染症の情報を耳にしていますと、日に日に不安が募ってきます。誰もが「感染したくない」「感染させたくない」「大事な人を失いたくない」と思っているはずです。

しかし、不安な気持ちが強くなりすぎてしまい、感染した人やその周囲の人に対し、誹謗中傷などをしたり、不確定な情報を拡散させたりするなどの、悲しい事例が相次いでいます。

どうか、恐れるべきものを間違わないでください。恐れるべきはウイルスであり人ではありません。町では随時正しい情報を速やかにお届けするよう努めております。正しい情報を知ることは、差別や偏見をなくす第一歩となります。

北海道の集中対策期間は3月7日で終了しました。しかし、3月・4月は就職・転勤・卒業・進学などに伴う、人の移動や会食機会の増加など、感染リスクが高まる時期です。

一人一人が「自分の身を守る」そして「大切な人を守る」ことを意識して行動することが、感染拡大防止のためにもっとも大切です。町民一丸となって、この試練を乗り越えましょう!

 

令和3年3月10日 鷹栖町長 谷 寿男

町長メッセージ

静かに過ごす年末年始を

今もなお、新型コロナウイルスの感染拡大は続いており、医療従事者の方々は昼夜問わず最前線で奮闘しております。年末年始の医療崩壊を防ぐため、大切な人を守るため、「静かな年末年始」をお過ごしいただきますようご協力をお願いします。
「普段一緒にいる方」とご自宅でお過ごしください。会食場面では「普段一緒にいない方」との会食はお控えください。帰省は慎重に検討してください。
また、これまでも申し上げておりますが、新型コロナウイルスに関連した差別や偏見、いじめは絶対にあってはなりません。
合言葉は「ダメ!コロナ差別。差別や偏見を思いやりやエールにかえよう」です。
2021年が町民の皆様にとって、笑顔の絶えない年となることを願うとともに、穏やかな新年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。


令和2年12月29日 谷 寿男

町長メッセージ

 新型コロナウイルス感染症による感染拡大が続き、旭川市では集団感染が相次いで発生しています。集団感染が発生している医療機関はもちろん、すべての医療機関で、一人ひとりの生命を守るため、全身全霊で日夜勤務を続ける関係者の努力を忘れてはなりません。

 現場の最前線で奮闘されている医療関係者の皆さまに心から感謝を申し上げます。「日々のご苦労に感謝の一語です。ありがとうございます」

 この危機的な状況下においては、不要不急の外出を控え、新しい生活スタイルの中で、感染者の絶対数を減少させることが重要です。

 感染者が身近にまで迫りつつある今、いつ私たちも感染するかわからない状況です。皆さまには、感染者や濃厚接触者へ差別や偏見を持つことなく、「コロナウイルス」に感染しない行動を心がけ、町民が一丸となって「思いやりの輪とエールの輪」の気持ちを広げ、「笑顔 幸せ みんなでつくる あったかす」のまちづくりに参画していただくことをお願い申し上げます。

令和2年12月10日  鷹栖町長 谷  寿男

冬のコロナ対策に取り組みましょう

 新型コロナウイルス感染症による感染拡大が続き、旭川市では集団感染が相次いで発生しています。

 「感染リスクが高まる『5つの場面』」に気を付け、引き続き、基本的な「手洗い・消毒」「マスク着用」「3密を防ぐ」に加え、「こまめな換気」を実践しましょう。
 また、冬はインフルエンザが流行する季節です。「発熱」があり、医療機関を受診する際は、事前にかかりつけ医に連絡をしましょう。

(561KB)このリンクは別ウィンドウで開きます (2455KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 

(560KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

町長メッセージ

こころの健康を保つことが大切です

新型コロナウイルス感染拡大は、連日テレビや新聞で報道されているとおり、全道各地、特に旭川市内でも医療機関・福祉施設でのクラスター発生、多くの新規感染が報告され、尊い命が失われています。

私たちの生活においては、今までとは違う状況が続き、知らず知らずにストレスを感じ、日々の暮らしに不安を感じていらっしゃるのではないかと思います。コロナ禍の中、これまで以上に「こころを健康」に保つことが大切です。

今は、本当に厳しい状況にありますが、みんなでこの試練を乗り越えなければなりません。

12月1日 今日は「いのちの日」です。ひとりで悩まないでください。いきることをあきらめないでください。家族や友人、同僚など身近な人に相談してください。もし、身近な人には相談しづらい、相談できる人が周りにいないときは、サンホールはぴねす内「生活福祉相談センター」へあなたの不安やつらい気持ちを伝えてください。社会福祉士や保健師があなたのおはなしをしっかりと聴きます。

支えにつながるその一歩を、どうか踏み出してください。

令和2年12月1日 鷹栖町長 谷 寿男

(3016KB)このリンクは別ウィンドウで開きます PDFファイル(293KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウィルス感染症拡大防止のために~思いやりとエールの輪を広げよう~

11月18日に町内小学校での感染者の報告を受けて以降、全道各地域での感染拡大や医療機関・福祉施設でのクラスターの発生、隣町の旭川市においては連日感染者数が増加、基幹病院である旭川厚生病院のクラスター発生も報告されております。

感染された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早い回復をお祈り申し上げます。また、感染された方やその家族は、大変不安なお気持ちで療養及び生活されています。再度、町民の皆様には2つのお願いを申し上げます。

(1)感染者に対しての不当な差別や偏見、誹謗中傷を許さないこと

私たちが闘う相手は、新型コロナという「ウィルス」であって「人間」ではありません。

(2)感染対策の徹底

徹底した手洗い・マスクの着用・3密の回避

PDFファイル(396KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

町民ひとりひとりが「自分の身を守る」そして「大切な人を守る」ことを意識して行動することが感染拡大防止のためにもっとも大切なことです。町民一丸となって、この試練を乗り越えましょう!

令和2年11月24日 鷹栖町長 谷 寿男

新型コロナウィルス感染症に関連して~正しく怖がり、不当な差別偏見をなくしましょう~ 

北海道の新規感染者数の連日記録更新、旭川市の医療機関におけるクラスターの発生等、町民の皆様におかれましては、不安な毎日をお過ごしと思います。

「不安」や「恐れ」は、本来怖がらなければいけないウィルスを見落とし、「差別」や「偏見」を生みます。幸い町から現時点においては、感染者が出ておりませんが、いつ感染者が発生するかはわからない状況です。町民の皆様には、正しく向き合っていただけるよう、2つのお願いを申し上げます。

(1)感染者に対しての不当な差別や偏見、誹謗中傷を許さないこと

全国各地で感染者や医療・介護従事者、社会機能の維持に貢献している方々、そのご家族がいわれのないいじめや差別的な扱いを受け、心を痛め、悲しみ傷ついています。

感染した方々やそのご家族に対する差別や偏見は、感染が疑われる症状が出ても検査のための受診、保健所への正確な行動履歴や接触者の情報提供をためらってしまうなど、感染拡大に支障が出る恐れがあります。

「感染したのは、本人が悪い」と考えるのは、日本人特有の考え方であり、そのような不当な差別や偏見を許さないこと、差別的な言動に同調しない姿勢が感染拡大防止にもつながっていくことから、ひとりひとりが冷静な行動を心がけていただきますようお願いいたします。

このリンクは別ウィンドウで開きます(日本赤十字社ホームページへ)

資料:日本赤十字社

(2)感染対策の徹底

「徹底した手洗い・マスクの着用・3密の回避」を徹底することで感染リスクは避けることができます。過剰に恐れ外出をしない、人と話さないことは経済活動だけではなく地域活動そして『ひとりひとりの生きる力』を低下させます。

人は「なぜ?」に対して正しい情報をつかむことで行動が変わります。ひとりひとりの心がけにより、感染症へ正しく対応していただきますようお願いいたします。

(178KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

資料:厚生労働省

溢れるコロナ情報の中、人は悪い情報に目が向いたり、なにかとウィルスに結び付けて考えてしまいがちです。苦しい時こそ、差別や偏見を思いやりやエールに代え、町民一丸となって、この試練を乗り越えましょう!

令和2年11月16日 鷹栖町長 谷 寿男

最終更新日:20210531

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 総務企画課 企画広報係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-87-2111 FAX 0166-87-2196

お知らせ

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会