ホーム > くらしガイド > 健康・福祉 > 予防と健康 > 風しんの届出数の増加について

風しんの届出数の増加について

風しんの届出数の増加について

例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しております。

特に30代から50代の男性が占めており、厚生労働省の調べでは、この世代で風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることがわかっています。

妊娠中の女性が風しんに感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする「先天性風しん症候群」になる可能性があります。妊娠中の女性のみならず、周囲の人の感染症予防が大切です。

自分は大丈夫と思わず、風しんについて考えてみてください。

1.海外旅行や関東地方への国内旅行の後、発熱や発しんの症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診し、旅行歴を伝えましょう。

2.特に30代から50代の働き盛りの男性の方は、ご自身が風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがあるまたは風しんの抗体検査で陽性であると確認された方を除き、任意の予防接種をご検討ください。

万が一、風しんにかかってしまうと、発熱や発しんの期間が子どもに比べて長期間となり、関節痛がひどいことがよくみられます。特効薬がなく、一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。また、脳炎などの重度の合併症をまれにおこすことがあります。

3.妊婦への感染を防止するため、次の方は補助制度のある任意の予防接種をご検討ください。

①妊婦の夫

②妊娠を希望する女性

上記の方に北海道では、「風しん抗体検査」費用、鷹栖町では、「風しん予防接種」費用をそれぞれ助成しています。詳しくは下記をご覧ください。

・北海道が行う風しん抗体検査事業こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

・鷹栖町が行う風しん予防接種助成こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

最終更新日:20180911

お問い合わせ先

鷹栖町 健康福祉課 保健推進係(サンホールはぴねす内)
〒071-1201 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目2番1号
TEL 0166-87-2112 FAX 0166-87-2226

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操