ホーム > くらしガイド > 医療・保険・年金 > 介護保険 > 居宅サービスの利用と料金

居宅サービスの利用と料金

介護保険の居宅サービスを利用した場合には、原則としてサービス費用の1割を利用者が負担し、残り9割は介護保険から給付されます。(ただし、要介護状態区分ごとの上限があります)
また、平成27年8月より所得などに応じて下記のとおり負担割合の変更があります。

負担割合 対象者
1割負担 本人の合計所得金額が160万円未満の方
本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入とその他の合計所得金額が280万円未満(2人以上の場合は346万円未満)の方
2割負担 1割負担に該当しない方

施設に通って利用するサービス

利用者負担額=サービス費用の1割(平成27年8月より一部2割)+日常生活費+食費

施設に宿泊して利用するサービス

利用者負担額=サービス費用の1割(平成27年8月より一部2割)+日常生活費+食費+滞在費

居宅サービスの支給限度額

要介護状態区分ごとに利用できるサービスの限度額(支給限度額)が決められています。

要介護状態区分 1カ月の支給限度額
要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

(注1)支給限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分の費用は全額自己負担になります。
(注2)支給限度額の適用を受けないサービスが一部あります。

自己負担が高額になったとき

同じ月に利用したサービスの利用者負担1割(一部2割)の合計金額(世帯合計額)が高額になり、利用者負担限度額を超えた場合は、申請により「高額介護サービス費」として町から後で支給されます。
「高額介護サービス費等支給申請書」をサンホールはぴねす窓口まで提出してください。

利用者負担段階区分 利用者負担限度額
町民税課税世帯で課税所得が145万円以上の方 (世帯)44,400円
町民税課税世帯で課税所得が145万円未満の方 (世帯)37,200円
町民税課税世帯で課税所得が145万円以上で、同一世帯内の第1号被保険者の収入が、1人のみの場合383万円、2人以上の場合で520万円未満の方
町民税非課税世帯 (世帯)24,600円
合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の方 (個人)15,000円
町民税非課税世帯で老齢福祉年金の受給者
生活保護の受給者 (個人)15,000円 (個人)15,000円
利用者負担を15,000円に減額することで、生活保護の受給者とならない場合

高額医療・高額介護合算制度

医療費が高額になった世帯(加入医療保険ごと)に介護保険の受給者がいる場合、医療保険と介護保険のそれぞれの自己負担限度額を適用した後に、両方の年間の自己負担を合算して一定の限度額(年額)を超えた場合は、超えた分が支給されます。 
医療費・介護サービス費それぞれの自己負担限度額を適用後に、毎年8月1日から翌年7月31日までに自己負担した額を合算して、下表の自己負担限度額を超えた分が、医療保険と介護保険からそれぞれの比率に合わせて支給されます。

自己負担限度額

医療と介護の自己負担合算後の限度額(年額)

所得区分 70歳未満の人 70~74歳の人 後期高齢者医療制度に加入の人
現役並み所得者(課税所得145万円以上の方) 126万円 67万円 67万円
一般(市町村民税課税世帯の方) 67万円 56万円 56万円
低所得者(市町村民税非課税世帯の方) 34万円 31万円 31万円
低所得者(合計所得金額+課税年金の収入が80万円以下の方) 34万円 19万円 19万円
最終更新日:20160728

お問い合わせ先

鷹栖町 健康福祉課 介護福祉係(サンホールはぴねす内)
〒071-1201 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目2番1号
TEL 0166-87-2112 FAX 0166-87-2226

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

相談する時の窓口一覧

新規就農を目指す研修生募集

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク