ホーム > くらしガイド > 税について > 過疎地域における固定資産税の課税免除について

過疎地域における固定資産税の課税免除について

 鷹栖町では「鷹栖町過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法の適用に伴う固定資産税の課税免除の特例に関する条例」に基づき、次の要件に該当する場合は、申請により固定資産税の課税免除が受けられます。

対象地域

・鷹栖町全域

取得期間

・令和3年4月1日から令和6年3月31日まで

対象者

・青色申告書を提出する個人又は法人であること。

対象業種

・製造業  ・農林水産物等販売業(※1)  ・旅館業(下宿営業を除く)  ・情報サービス業等(※2)

※1 対象地域内において生産された農林水産物又は当該農林水産物を原料若しくは材料として製造、加工若しくは調理したものを店舗において主に他の地域の者に販売することを目的とする事業。

※2 情報サービス業、有線放送業、インターネット付随サービス業、通信販売業務、市場調査業務(租税特別措置法施行規則第5条の13第6項)

取得要件

・租税特別措置法第12条第3項の表の第1号又は第45条第2項の表の第1号の規定の適用を受ける設備であり下表の取得価格に該当するもの。

対象業種 資本金規模
5,000万円以下

5,000万円超

1億円以下

1億円超

製造業

旅館業

500万円以上 1,000万円以上 2,000万円以上

情報サービス業等

農林水産物等販売業

500万円以上

※取得とは、設備の取得又は製作若しくは建設。建物及びその附属設備については、増築、改築、修繕又は模様替えの工事による取得又は建設。

※ただし、資本金額5,000万円超の法人は「新増設のみ」対象。

対象資産

・土地    直接事業の用に供する部分。土地の取得後1年以内に対象家屋の建設の着手があった場合に限る。

・家屋    直接事業の用に供する部分。

・償却資産  直接事業の用に供する機械及び装置、建物附属設備、構築物。

適用期間

 新たに固定資産税が課されることとなった年度以降3箇年度

申告期限

 事業の用に供した日の翌年の1月31日まで

提出書類

 ①固定資産税の課税免除申請書 

 ②法人に関する登記事項証明書(法人の場合)

 ②申請に係る固定資産の登記事項証明書

 ③最近の事業報告書

 ④家屋平面図及び設備の配置図

 ⑤契約書の写し(土地、家屋)

 ⑥建築確認通知書の写し

 ⑦償却資産の申告書(対象資産に償却資産がある場合)

各種様式

 固定資産税の課税免除申請書PDFファイル(274KB) Word版ワードファイル(21KB)

 地位承継承認申請書PDFファイル(76KB) Word版ワードファイル(21KB)

 事業変更届PDFファイル(73KB) Word版ワードファイル(19KB)

 事業休止(廃止)届PDFファイル(71KB) Word版ワードファイル(19KB)

最終更新日:20211125

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 税務課 税務係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-74-3108 FAX 0166-87-2196

鷹栖町 産業振興課 商工観光係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-74-3582 FAX 0166-87-2850

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会