ホーム > 子育て・教育ガイド > 図書室 > 「叙事詩鷹栖」プロジェクト

「叙事詩鷹栖」プロジェクト

詩人・山田亮太さんプロフィール

1982年、旭川市生まれ。小学4年生から高校卒業時まで、鷹栖町で暮らす。個人詩集『ジャイアント・フィールド』(思潮社/2009)、『オバマ・グーグル』(思潮社/2016)。『オバマ・グーグル』で第50回小熊秀雄賞受賞。ユニット「TOLTA」では、詩を中心とした言語表現の多様なあり方を探求。雑誌の刊行ほか、演劇作家、音楽家、美術家らとの共同制作を行う。東京都在住。

山田亮太さん、TOLTA関連の作品は、鷹栖町図書室の郷土資料コーナーにあります。

「叙事詩鷹栖」プロジェクトとは

令和元年8月25日(日)、山田亮太さんをお招きし、講演とワークショップを行いました。ワークショップの内容は、山田さんのアイデアで鷹栖の「叙事詩」をつくり、それをフリーペーパーとして発行する、という壮大なプロジェクトに!

 

ワークショップの様子

町内外から集まった39名の参加者を9つのグループに分け、各テーブルに10のお題が記されたカードを配りました。それぞれのお題にまつわる鷹栖町での経験や思い出などを一人ずつ話し、それ以外の人は話を聞いて気になったところを、別の白紙のカードに書き取ります。それが、お題の数である10回繰り返された後、テーブルに残ったのは鷹栖にまつわる何かが記された大量のカードの山。それを山田さんが持ち帰り、10篇の詩が構成されました。

 
エピソードを語る時の嬉しそうな姿が印象的。書き取る方は必死…。

 
      グループごとに発表しました。         たくさんの「ことば」の束が。      

お渡ししています!

完成した叙事詩鷹栖は、図書室で閲覧できますが、欲しい方にはお渡ししています。鷹栖にお住まいの方やゆかりのある方、山田亮太さんのファンの方だけではなく、どなたが読んでも楽しめる作品です。欲しい方は、鷹栖町図書室または北野分室のカウンターにてお声かけいただくか、電話にてお問い合わせください。また、郵送の対応もしておりますが、送料については自己負担となります。
※部数に限りがあります。ご了承ください。

Facebookでも当日の様子を公開しています!

最終更新日:20200821

お問い合わせ先

鷹栖町図書室
〒071-1211 北海道上川郡鷹栖町北1条3丁目2番5号
TEL 0166-87-2486

北野分室
〒071-1223 北海道上川郡鷹栖町北野東3条2丁目3番20号
TEL 0166-87-5772

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

鷹栖町展示コーナー

鷹栖町図書室

相談する時の窓口一覧

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

地域おこし協力隊のフェイスブックページへのリンク

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

町営バスのお知らせへのリンク

あったかすリハビリ体操