ホーム > 健康・福祉ガイド > 予防と健康 > 乳幼児等予防接種について

乳幼児等予防接種について

ロタウイルスワクチンの定期接種がはじまります

令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンが定期接種(無償)化されます。令和2年8月1日以降に生まれたお子さんが対象です。

このリンクは別ウィンドウで開きます

画像をクリックすると厚生労働省HPに進みます。

ロタウイルスとは

ロタウイルスは急性重症胃腸炎の原因となるウイルスの一つで、乳幼児期にかかりやすい病気です。感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。乳幼児は、激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要となったり、入院が必要になることもあります。ロタウイルスワクチンの接種を受けることで、重症化予防に効果があるとされています。

ロタウイルスワクチンについて

 ロタウイルスワクチンには、ロタリックス®とロタテック®の2種類があり、同様の効果があります。どちらも、経口投与(飲む)生ワクチンです。いずれか同一のワクチンで接種を完了する必要があります。

ワクチンの種類 対象年齢(初回接種は生後2月から
生後14週6日までに行う
接種回数
ロタリックス®
(1価ワクチン)
生後6週0日後~生後24週0日後まで 27日以上の間隔をおいて
ロタテック®
(5価ワクチン)
生後6週0日後~生後32週0日後まで

27日以上の間隔をおいて

腸重積症とロタウイルスワクチン

0歳児は、月齢が進むと「腸重積症」という病気にかかりやすくなります。原因は不明ですが、ロタウイルスワクチンの接種によっても、接種後約1~2週間は、腸重積症を発症するリスクの増加が報告されています。できるだけ腸重積症の起こりにくい時期に接種を受けていただくため、初回接種を生後14週6日までに受けることが推奨されています。ワクチン接種後(特に初回接種後)、次のような様子が一つでも見られるときは、速やかに接種医療機関(時間外の場合は救急外来)を受診しましょう。

Q&A

  1. ロタウイルスについて、厚生労働省ホームページにロタウイルスに関するQ&Aこのリンクは別ウィンドウで開きますが掲載されていますので、ご覧ください。
  2. 出生日別の定期接種の開始日について、厚生労働省ホームページにロタウイルスワクチンQ&Aこのリンクは別ウィンドウで開きますが掲載されていますので、ご覧ください。

 

乳幼児等予防接種について

予防接種の予診票については、出生届もしくは転入届の際に、お客さま窓口係でお渡ししています。

接種の種類や対象年齢など、詳しくはこちらPDFファイル(324KB)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

予防接種のできる医療機関は、こちらPDFファイル(116KB)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

接種スケジュールなど、かかりつけ医療機関とよくご相談の上、定期接種を接種しましょう。

最終更新日:20210903

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 健康福祉課 子育て支援係(子育て世代包括支援センター)
〒071-1201 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目2番1号(サンホールはぴねす内)
TEL 0166-87-2112 FAX 0166-87-2226

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会