ホーム > お知らせ > 北海道ふるさとワーキングホリデー【参加者募集】

北海道ふるさとワーキングホリデー【参加者募集】

ふるさとワーキングホリデー

↑↑ 参加申し込みは専用サイトから ↑↑

“自分が広がる” 夏の北海道でちょこっとシゴト体験ふるさとワーキングホリデー

北海道内に一定期間滞在し、働きながら地元の方々と交流をするのが「ふるさとワーキングホリデー」です。

通常の旅行では味わえない、地域密着滞在ならではの体験と交流が、あなたの可能性を広げます。

鷹栖町ではこの夏、特色ある農業を実践する3事業者が、受け入れ先となります。

夕日

有限会社 稲華屋(いなかや)

稲華屋さん

「低農薬」「有機肥料」の“あっぱれ農法”を実践。体と環境にやさしい農法を目指し、安心・安全はもちろん、おいしさを追求し感動していただけるお米、野菜づくりに取り組んでいます。トマトジュースや味噌の製造、販売など6次化にも積極的に取り組んでいます。

  • 業務の内容  水稲や野菜の栽培管理、収穫、トマトジュース加工など
  • 雇用期間   8~9月で相談に応じます(2週間~OK)
  • 募集人員   2名
  • 資格     普通自動車免許

原崎農園

はらざき農園

2012年に新規就農しました。
育てているのは、鷹栖町の特産、トマト。
研修先でのアドバイス「人はトマトをつくれない」をモットーに土づくりに励んでいます。

「雪なかキャベツ」は葉物が少ない真冬に出荷。
「大袖振」という大豆は地元のお店で豆腐に加工されることもあり、育てがいがあります。

今後はアスパラにも力を入れていきます。
北海道のギフトとしてもよろこばれるし、何より私がおいしいアスパラを食べたい(笑)

農薬を減らすとか、安全な生産方法を考えつつ、買う側の選択肢として「安心感のある野菜」を提供します。
私のようなよそ者も受け入れてくれる鷹栖町。
今日も、我が家からは、大雪山がきれいに見えます。
畑でいっしょに働きませんか。

  • 業務の内容  野菜、大豆、小麦の栽培管理、収穫など
  • 雇用期間   8~9月で相談に応じます(2週間~OK)
  • 募集人員   2名
  • 資格     普通自動車免許

有限会社 助安農場(すけやすのうじょう)

助安農場

助安農場は、すべてにたいして感謝や親切の気持ちを常に忘れずに、安心・安全で美味しい食材を提供していくことで、みなさまの幸せな生活のお役に立ちたいと考えております。
農場や鷹栖町を知ってもらうため、モーターパラグライダーに乗って四季折々の風景を撮影し、自社のホームページから全国に発信するなど、顔の見える農業を目指し、消費者との交流を積極的に行っています。

  • 業務の内容  野菜の栽培管理、収穫、加工補助など
  • 雇用期間   7~9月で相談に応じます(2週間~OK)
  • 募集人員   4名
  • 資格     普通自動車免許
ふるさとワーキングホリデー

↑↑ 参加申し込みは専用サイトから ↑↑

最終更新日:20170714

お問い合わせ先

鷹栖町 総務企画課 地域振興係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-87-2111 FAX 0166-87-2196

移住情報

鷹栖町facebook

鷹栖町PR動画

鷹栖町YouTubeチャンネルはこちら

人口と世帯

■総人口 7,041人
■男性 3,329人
■女性 3,712人
■世帯数 3,098世帯

(平成29年8月25日現在)

相談する時の窓口一覧

新規就農を目指す研修生募集

もしもに備えて鷹栖町の防災マップ(防災のしおり)

パレットヒルズのバナー

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖メロディーホール

あったかすまいる

鷹栖町議会

鷹栖町図書室

町営バスのお知らせへのリンク