ホーム > ふるさと納税 > 寄附の活用方法(令和3年度)

寄附の活用方法(令和3年度)

令和3年度の寄附金活用

皆さまからいただきました寄附金については、本町のまちづくりに大切に活用させていただいております。

ここでは、あたたかいご寄附によって、令和3年度に実施した事業の一部をご紹介します。

サイクリングツアーを開催しました

令和3年7月17日にファットバイクや電動自転車(ふるさと納税を活用し整備)でサイクリングツアーを行い、子どもから大人まで4名が参加しました。初めにパレットヒルズを出発し、北斗地区で開催された「花かいどう朝市」で野菜やシフォンケーキを購入しました。
その後、北成地区の「黒実鶯神楽」でブルーベリーの収穫体験を行い、鷹栖の夏を満喫しました。
参加者は、「夏の田園風景やアップダウンのあるコースを楽しむことが出来ました」と笑顔を見せていました。

心のかけはしプロジェクト記念品贈呈式

令和3年7月20日に子育て支援センターで、「親と子 心のかけはしプロジェクト」の記念品贈呈式が行われました。
令和3年度に生まれた5名のお子さんと保護者の方にご参加いただき、町長から記念品が贈呈されました。
このプロジェクトは、生まれてきてくれて“ありがとう”という思いを込めて、町有林の間伐材を利用した記念品(スプーン・はし・ケースのセット)を、町内に生まれた子どもたちへ贈る取り組みです。ふるさとのぬくもりを感じながら、親と子のふれあいの時間を大切にし、家族の「絆」をいつまでも大切にしてもらいたいという願いが込められています。

まるごとあったかす給食の日

令和3年8月4日に鷹栖・北野両保育園で、食材の大半に鷹栖町産のものを使った「まるごとあったかす給食」が提供されました。
当日のメニューは、「ごはん」「煮込みハンバーグとトマト・ブロッコリーの付け合わせ」「キャベツのコンソメスープ」「ブルーベリーソースヨーグルト」。午後のおやつは「米粉のシフォンケーキ」。
食材は町内農業者らが生産した、牛肉や干しシイタケ、ミニトマト、ブルーベリーなどを使用しています。
園児らは、「ハンバーグもソースも特別な味がする」と笑顔で食べていました!


 

たかすメロディーホールで文楽鑑賞教室が催されました

令和3年10月5日に鷹栖中学校の生徒218名が人形浄瑠璃文楽を鑑賞。また、同日に一般公演された近松門左衛門の代表作「曽根崎心中」の役者たちから、太夫と三味線の解説を受けたのち、実際に人形を操るなど、生徒にとって伝統芸能に触れることができる貴重な体験となりました。

最終更新日:20211008

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

鷹栖町 総務企画課 企画広報係
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
TEL 0166-87-2111 FAX 0166-87-2196

更新情報

鷹栖町に住もう!

行事カレンダー

パレットヒルズのバナー

鷹栖町図書室

鷹栖町展示コーナー

鷹栖メロディーホール

鷹栖町社会福祉協議会facebook

鷹栖町議会